品質方針・環境方針

Quality Policy & Environmental Policy

品質方針

QUALITY POLICY

顧客満足の向上、更なる技術力の向上、不良の撲滅

これらを実現し顧客とのパートナーシップを得るために、次のことを実行する。

  1. 法令、規制を順守したうえで、顧客の要求事項に製品を適合させる。

  2. 戦略的な方向性に沿った企業活動に品質マネジメントシステムを統合し、継続的に改善する。

  3. 品質目標の設定とそのレビューのための枠組みを次の通りとする。

    (1)期首に、各部署の品質目標を設定する。

    (2)外部・内部の課題を明確にし、リスクと機会を検討して品質目標を考慮し、将来のニーズ及び期待に取り組む。

    (3)品質目標の達成状況を継続的に監視し、変更の必要性を検討する。

    (4)達成された成果を評価し、改善し、その後の計画に組み込む。

  4. この「品質方針」の適切性を維持するために、毎年1回レビューする。

2020年7月22日 東洋精機株式会社 代表取締役社長 置山 雅彦

環境方針

ENVIRONMENTAL POLICY

 東洋精機株式会社は、高圧バルブ類の設計、製造、販売及びサービスを事業としています。当社は尼崎市の工業地帯に立地しておりますが、周辺は民家や学校が隣接する市街地域であります。したがって、当社の事業活動を推進するに当たり、周辺地域の環境保全を始め、地球環境の保護を最重要課題の一つと認識し、次の世代に美しい地球を引き継ぐ為に全社を挙げて取り組むことを誓います。

 そのため、ISO14001の環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的な改善を実行します。

  • 当社の事業活動が環境に与える影響を的確に捉え、環境マネジメントシステムに反映します。

  • 当社の事業活動が環境に与える影響の中で、次の項目を優先的かつ、継続的に推進します。

    (1)省エネルギー・省資源活動(地球温暖化対策)・(持続的な資源の利用)

    (2)廃棄物削減活動

    (3)化学物質の適正な管理

    (4)騒音および振動の防止活動

  • 環境に関する順守義務及び当社の自主基準を順守し、地域の住民など利害関係者との信頼関係を保ち、健全快適な環境の確保および汚染の予防に努めます。

  • 2.及び3.項を体系的に推進するために、環境目的・目標を設定し、その実施状況と達成状況を確認し、その結果をもとに毎年1回レビューし、見直します。

  • 教育、社内広報活動を通して環境方針を従業員及びサイト内請負者に周知します。

  • この環境方針は、国、自治体、顧客、地域、一般市民など社外からの求めに応じて公表します。

2020年7月22日 東洋精機株式会社 代表取締役社長 置山 雅彦

環境マネジメントシステム

平成13年9月
環境マネジメントシステム
国際規格 ISO14001 認証取得
高圧ガス保安協会 ISO審査センター登録番号(01ER・150)

品質マネジメントシステム

平成10年1月
品質マネジメントシステム
国際規格 ISO 9001 認証取得
高圧ガス保安協会 ISO審査センター登録番号(98QR・100)

経済産業大臣認定事業所

昭和48年4月
高圧ガス設備製造・試験認定番号(MAB-320-N)