インタビュー

INTERVIEW

03

品質保証部 検査課

濱田 真(入社:2016年4月)

  • 東洋精機への入社のきっかけは?

    製品を特殊な環境下で使用されており、普段、目にする機会がないという点に興味を引かれたからです。

  • 仕事内容は?

    製作された品物の作動検査や強度確認等についての検査成績書の作成やお客様へ検査内容の説明・案内などをしています。また、分解された製品を図面と照らし合わせながら欠陥の確認をしています。

  • どんな時にやりがいを感じますか?

    大量の製品の検査をお客様の立会いの下、実施する際に、要領よく円滑に検査を進めることができたときです。

イメージ

  • 東洋精機の魅力は?

    製品の製作から完成まで、すべてを自分の目で見ることができ、必ず自分もその流れの中の一員になれるところです。

  • 大変なこと・難しいと感じることは?

    製品のオーバーホールの際に欠陥を発見することです。欠陥を発見した場合、それが有害かどうかを欠陥の発生箇所、使用環境等を加味して良否の判定をしなければいけません。複雑な構造のものや大型の製品については、まだ上司に相談しながら進めています。

  • 社風を教えてください

    仕事をする時、休憩する時のメリハリがしっかりしています。上下も横も必要以上の隔たりはなく、昼休憩や定時後にはやりたい人達で一緒に運動をしたり、スポーツ観戦・釣り等に行くメンバーもいます。

  • これまでのキャリアを教えてください

    設計課で図面作成、不具合対応などを3年、検査課で検査業務を1年従事しています。

イメージ

  • 仕事で心掛けていることは?

    確認漏れで不具合があった時には手遅れになる可能性も大いにあるため、何事も確認を怠らないことです。

  • その他メッセージがあれば

    ぜひ、一緒に頑張りましょう!